上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本昔話でわらしべ長者という童話があります。転んで手に拾った1本のわらしべが物々交換をするうちに田んぼになり主として幸せになったというお話です(解説)。そんなの夢の夢な話ですけど実際にやっちゃった人がいるとか。なんと1個の赤いペーパークリップが家になってしまったとか。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/10/news055.html
上記によればペーパークリップがまず魚の形のペンになり、ドアノブとなったらしい。これがどういうわけかキャンプストーブになり、発電機、パーティーセット、スノーモービルとどんどん進化。
これがヤークという町への旅行、車、レコーディング契約、米フェニックスの家に1年間住む権利、アリス・クーパーと半日一緒にいられる権利と変化。権利との交換というのがなんともアメリカらしいですね。
そして一旦KISSのスノーグローブになったあと、ハリウッド映画に出演できる権利を経て、カナダのサスカチュワン州キプリングという町の家にたどり着いたらしい。約1年を通じてなったらしい。すごすぎだ。

本人のブログでこれらの経緯が説明されており、CNNなどの取材も受けたようで。すげーなネットの力(ぇー
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tethan.blog4.fc2.com/tb.php/379-f0f9f2a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。