FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.01 現実逃避
就活で4日に数学と英語のテストがあるのですが、英語の勉強にげんなりして現実逃避してきました。ビッグサイトでこんなの行ってきました。
東京モーターサイクルショーは2輪のみのモーターショーです。11月頃に幕張で行われている東京モーターショーの2輪のみバージョンです。
モータショーでは出品していない2輪メーカーや、部品・用品メーカーが多く出展していて、ブースもステージは小ぶりながら、跨げる車両がいっぱい用意されています。東京モーターショーではステージの上にしかなかったZZR1400や、新型スカイウェイブに触ったり乗ったりできます。
今日は金曜日でしたので比較的すいているほうではありますが、春休みであるので、家族連れもちらほら。とはいえどブースによっては車両に跨り放題だったりします。

で、今日はがんばってホール外の試乗会に行ってきました。2輪で試乗の機会って一般にはなかなかないですからね~。コースを3分間くらい走行で保険として500円払いますが、めったにない機会なので行くべきでしょう。
今日は13:00~16:00で、15時前後に行ったらすでに試乗受付終了の車種がいくつか。大型のスポーツ系を中心に人気車種は早めに行かないとダメみたいです。普通二輪で乗れるDUGATI Monster400も終了。ということでスズキのDR-Z400乗ってきました。普通2輪免許は選択幅狭くって、MTは上記とカワサキW400、ヤマハXT250Xで、あとは全部スクーター。スズキとヤマハのはモタードなので、普通のロードスポーツ車は2種類しかないという有様。特にMonsterは人気集中です。

受付で申し込み用紙に記入して、ヘルメットと軍手を借りて試乗。小さいコースを隊列組んで3~4周して終了みたいです。2名ほど乗り終わるのを待っていざ乗り込む。初モタード!
モタードは見た目に椅子が高めに見えるですが、いざ乗ろうと思うと意外と楽。体重で沈む分足つきは思ったよりも悪くないです。逆にニーグリップできない感じが。エンジンは軽くいい音してます。
いざ発進してみると車体が軽いのか軽快に加速していきます。コースインしてカーブを走行してみると、重心が高いのもあってか、あまり傾むけられません。ハンドルで曲がる感じかな~。というかなんかすごい簡単に切れ込んでいくんですけど。モタードがリアタイヤをドリフトさせて走行させるのもなんかわかる気がしました。
直線に出ての加速はなんかすごい。単気筒とはいえ40馬力出るエンジンと、軽い車体でグイグイ加速していきます。そしてサスがやわらかいためにフロントが浮き気味になります。ちょっと怖い。ギアチェンジ中の惰性状態できょどったり。グリップがなくなりそうで怖いです。これ本当にフル加速させたらすごいだろうなぁ~と思ったり。タイヤとか見て、このボディにこんな力あるエンジンだと扱い切れなさそうな。モタードが早い理由がわかりましたね。
乗るのに慣れてきたかなと思ったころに試乗終了。普段の街乗りやツーリングとかにはあまり向かないけど、サーキットで走らせると結構面白そうな気がします。小回り効くし。ちょっと面白そうだな~と思いました。

しかし、試乗って面白いですね。
ショップ主催の試乗会とか行きたくなってきました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tethan.blog4.fc2.com/tb.php/332-8092f071
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。